マーケティング

より長期的に消費者の行動を捉えよう!AMTUL

マーケティングにおいて、消費者の行動を捉えることは大変重要です。消費者の行動を考える際には、短期的に購入までの過程を考えることも必要ですが、長期的な動きも考えていかなければなりません。本記事では、長期的な消費者の行動を捉えるのに最適なフレームワークであるAMTUL

マーケティング

若者の心を掴む!レトロマーケティングについて

最近、若者の間でレトロなものが流行っていることをご存知でしょうか。それに合わせて、ホテルや旅館といった宿泊業、飲食業など、さまざまな業種で、昭和や平成、またはそれ以前の古いものをあえて前面に売り出すような戦略を立てているところがあります。若者がレトロなものに関心を抱く

マーケティング

ミクロ環境・マクロ環境とは?その違いと意味をわかりやすく解説

マーケティングを考えていく際には、まず内部環境と外部環境の双方の視点から見ていくのが主流です。ここで言う内部環境とは、自社の内部にある要因のことで、外部環境とは、自社を取り巻く市場の様子や社会、経済などの要因のことです。自社の内部環境と外部環境の両方を分析していくこと

マーケティング

AISASとは?AIDMAとの違いは?

2000年代に入り、インターネットが一般に普及し始めてからある程度の年月が流れました。今やインターネットは私たちの生活になくてはならないものになっています。モノを購入する際にも、もちろんインターネットは欠かせないツールです。消費者の行動を考えていくうえで、インター

マーケティング

消費者の行動を知ろう!AIDMAをわかりやすく解説

何か商品を販売する際には、消費者の行動について理解する必要があります。せっかく良い商品ができたとしても、それが消費者の行動に沿って販売されていなければ、売れ行きはあまり良くならないでしょう。消費者の購入までのプロセスを知り、それぞれの段階に対して適切なアプローチをかけ

マーケティング

アフターコロナに向けて―これからの時代にホテル・旅館が求められること

新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、行動制限や水際対策がほとんどなくなった今、観光客の数はほぼパンデミック前の水準に戻ったと言って良いと思います。しかし、約3年間にも及ぶパンデミックにより、私たちの生活様式は大きく変わりました。旅行客がホテルや旅館に求めるものも、

マーケティング

マーケティングにおける外部環境把握の基本―PEST分析の必要性

マーケティングを始めるにあたってまず取り掛からなければならないのは、自社を構成する要素と市場の状況を見つめ直し、分析することです。自社を構成する要素を内部環境、自社を取り巻く市場の状況を外部環境と言い、PEST分析はこれらのうち外部環境を分析していくためのフレームワークの

マーケティング

若い世代の集客に繋げよう!ホテル・旅館のエモ消費へのアプローチ

価値観の多様化とともに、消費者が旅行に、そしてホテルや旅館といった宿泊施設に何を求めているのかも多岐に渡るようになりました。特にデジタルネイティブと言われる、いわゆるZ世代の若者たちの消費傾向は、それまでの世代の価値観からは捉えにくい部分も多いかと思います。しかし、Z

マーケティング

お客様の心に残る宿泊体験を!ホテル・旅館のおもてなし

東京オリンピック誘致の際に「おもてなし」という言葉が大変話題になりました。日本特有の文化だと言われているおもてなしですが、具体的に何をすれば良いのだろうと思う方も多いはずです。お客様をお迎えし、快適に宿泊できるように最大限の心配りをすることが大切であるとされている

マーケティング

地元の固定客を獲得しよう!マイクロツーリズムのアフターコロナ

新型コロナウイルス感染拡大による行動制限のなかで注目された旅行形態として「マイクロツーリズム」というものが挙げられます。行動制限が緩和され、マイクロツーリズムのような近隣住民をターゲットとした宿泊プランに力を入れる必要はないと思うかもしれませんが、地元に住む固定客を獲得す

マーケティング

顧客情報管理を効率化!CRMの概要と活用法

ホテルや旅館の経営において、顧客情報の管理はとても重要なものです。しかし、紙やExcelを用いた顧客情報管理は業務量が膨大になる上に、ヒューマンエラーや部署間での行き違いも起きやすく、その管理体制に限界が出てきたというところも多いのではないでしょうか。本記事では、

マーケティング

お客様とより良い関係を築くために―ホスピタリティを高めるポイント

ホテルや旅館で勤める人ならば、「ホスピタリティ」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。お客様を歓待し、心からおもてなしするといった意味があるホスピタリティですが、どのようにすればホスピタリティを高めることができるのかと模索している方も多いはずです。

マーケティング

各地でトラブル多発―オーバーツーリズムの原因とホテル・旅館がとれる対策

新型コロナウイルス感染拡大による行動制限が緩和され、国内だけでなく海外からの観光客も急増しています。そこで問題になってくるのが、許容量を超える観光客が押し寄せてしまうオーバーツーリズムと、それに伴う観光公害です。本記事では、オーバーツーリズムが起こってしまう原因と

マーケティング

いまさら聞けない!クラウドソーシングとは?ホテル・旅館との関連は?

最近、「クラウドソーシング」という言葉をよく耳にするようになりました。IT技術をはじめとした通信技術が発達し、インターネットが著しく発展した現代において、仕事を発注する側も受注する側も、その幅がぐっと広くなってきたように思われます。気軽に業務の一部を外部に委託すること

マーケティング

KPIとは?ホテル・旅館におけるKPIについて解説

ホテルや旅館といった宿泊業に限らず、ビジネスにおいては目標設定が非常に重要になってきます。ある一定期間ビジネスを運用した後は、その事業がどのくらいうまくいったのかというフィードバックをしなければなりません。このフィードバックをスムーズに行うために必要なのが、適切な目標

マーケティング

GDSとは?その仕組みとこれからについて

「旅行業界の頭脳」とも言えるようなGDSですが、なかには聞いたことがないという方や、あまり良く理解できていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、GDSについてなんとなく知っているという方でも、ITをはじめとする通信技術が大きく進歩し、インターネットが一般に

マーケティング

どのあたりまでならば許容範囲?ホテル・旅館の送迎バスについて

ホテルや旅館が、最寄り駅などまで送迎バスを出すことはよくありますよね。送迎バスの導入を検討しているが、いわゆる白ナンバーと呼ばれる自家用車を使用しても良いものなのか、また外部委託をする場合にはどうすれば良いのかわからないという方もいらっしゃるのではないかと思います。

マーケティング

M&Aとは?ホテル・旅館におけるM&Aについて解説

ひとつの選択肢として譲渡・相続・売却などを検討する際に、M&Aという言葉を耳にしたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。なんとなく意味は知っていても、具体的にどのようなものなのかは知らなかったり、そもそもあまり意味を分かっていなかったりする場合が多いかもし

マーケティング

自社の立場を明確にして差別化を図ろう!ホテル・旅館のポジショニング

ホテルや旅館のマーケティングを考えていくうえで、ポジショニングというのは非常に重要になってきます。ホテルや旅館が同じ観光地の周辺にある競合他社や同じような客層をターゲットとしている競合他社との差別化を図るためには、自社の強みや弱みを把握し、市場での立場を明確にしていかなけ

マーケティング

ホテル・旅館の売り上げはASPで変わる!ASPの重要性と選ぶ際のポイント

近年では、顧客の大部分がインターネット上で宿泊予約を行っています。つまり、宿泊予約サイトやホームページなどのシステムやフローの整備がかなり重要になってくるのです。実際、インターネットでの宿泊予約数が伸びるか否かは、ASPの選び方にかかっていると言っても過言ではありませ

マーケティング

対応の仕方で評価が分かれる⁈ホテル・旅館のお客様の忘れ物への対応

ホテルや旅館において、お客様の忘れ物にどう対処していくのかという問題は非常に重要です。宿泊施設に限った話ではないかもしれませんが、やはり個室というある意味気が抜けるようなプライベート空間が存在するホテルや旅館では、レストランなどのほかの公共施設よりも圧倒的に忘れ物が多くな

カテゴリー

アーカイブ