各エリアの特色を徹底解説!東京中心部の定番観光スポット

国内旅行情報

各エリアの特色を徹底解説 東京中心部の定番観光スポット

日本の首都であり、誰もが憧れる大都会・東京。
一度は旅行してみたい場所のひとつですが、有名な観光スポットがあまりにもたくさんあります。

また、どのエリアがどういうまちなのかいまいち分からないことも多いので、旅行の計画をどのように立てれば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、東京中心部の定番観光スポットをご紹介していきたいと思います。

エリアごとにさまざまな顔がある、首都・東京

日本の首都・東京には、数えきれないほどの観光スポットがあります。

大都会としての魅力と、そこに至るまでの歴史が詰まったまちで、誰もが一度は行ってみたいと思う場所なのではないでしょうか。
ひと口に東京と言っても、さまざまな場所があり、エリアごとに異なった特色を持っています。

本記事では東京の中心部を、都心エリア、北部エリア、南部エリア、東部エリア、西部エリアの5つのエリアに分けてその魅力を掘り下げていきたいと思います。

都心エリア

まずは、日本の心臓部ともいえる都心エリアから。
政治、経済、文化のどれをとっても日本の中心であると言えます。

旅行者の多くが訪れる東京駅の赤レンガの丸の内駅舎は、「東京」と聞いて真っ先に浮かべるもののひとつ。
東京駅周辺やその地下にはさまざまな商業施設が入っているので、食事やお土産選びに困ることはありません。
広いので、ゆっくりと時間をかけて見て回りたいですね。

丸の内口から出れば、金融街・丸の内や皇居へ、八重洲口から出れば銀座や日本橋といった繁華街へつながっています。

地上37階建ての「丸の内ビルディング」も東京の都会的なシンボルのひとつ。
創業当時の外観を残した低層階は商業施設になっており、憧れのおしゃれな都会の生活そのものといった雰囲気です。

東京の歴史的シンボルと言えば江戸城跡に建てられた皇居。
外苑は一般に広く開放されており、事前に手続きをすれば皇居の中も一部見学することができます。

世界的高級ブティックが立ち並ぶ銀座は、少し路地に入れば伝統を感じることができる店も多く残っており、散策しているだけで1日中過ごすことが出来そうな場所です。

老舗百貨店や歴史ある専門店が数多くあることで知られる日本橋は、江戸時代のころから日本の交通の中心であり、始まりの場所でした。

都心エリアは、総じてまさに「東京に来たなあ」と感じられるエリアです。

北部エリア

庶民的でどこか懐かしさが漂う北部エリア。

映画「男はつらいよ」の舞台にもなった柴又は、まるで昭和のまま時が止まったかのよう。
柴又帝釈天のお膝元であり、参道には団子やせんべいを売る昔ながらの店が軒を連ねています。

手芸のまち・日暮里や宿場町であった北千住、赤提灯が灯る飲み屋街・赤羽もレトロな雰囲気があるまちです。

赤羽の飲み屋街から少し離れた場所には「旧古河庭園」があり、和洋の美しい庭園や建築を見ることができます。

「上野動物園」や池袋のまちも定番の観光スポットですね。

南部エリア

六本木、恵比寿、中目黒、麻布十番、自由が丘と、おしゃれな町並みが広がる南部エリア。

目黒川周辺は桜の名所としても知られています。

東京の発展のシンボルである「東京タワー」は、展望台に上ったり周辺でショッピングを楽しんだりする観光客でにぎわう観光スポット。
周辺の「増上寺」や「愛宕神社」から見える「東京タワー」は、伝統と革新の象徴のようでとても絵になります。

テレビ局をはじめとした個性的な高層ビルが乱立する品川やお台場は、ショッピングや夜景を楽しむことができ、交通の便も良いのでビジネスホテルも数多くあり、初めての東京観光ならば、このあたりに宿泊するのも良いかもしれません。

東部エリア

伝統的な文化と最先端のカルチャーが交差する東部エリア。

浅草「浅草寺」や「仲見世通り」、「深川の八幡さま」と親しまれている「富岡八幡宮」など、伝統的な文化を色濃く残す町並みが広がる一方、スカイツリー周辺は最先端のカルチャーを肌で感じることができるようになっています。

相撲のまち・両国には、「両国国技館」があるほか、隅田川沿いの桜並木も魅力的です。

築地から移転してきた「豊洲市場」は世界最大規模の卸売市場で、周辺には商業施設やテーマパークが立ち並んでいます。

程よく都会でありながら落ち着いた場所なので、住宅地としても人気エリアです。

西部エリア

さいごは日本のトレンドの中心である西部エリア。

特に渋谷や原宿は若者のまちとして知られ、日本の流行を生み出している場所です。
無数の人が行き交う渋谷のスクランブル交差点は、歩いて見るだけでも特別な気分を味わえます。

原宿の街並みは、とにかく写真映えするものが多いので、観光とともに写真を撮ることも忘れずに。

歓楽街、ビル街、緑地と、多様な顔を持つ新宿や、「国立競技場」のある代々木も人気の観光スポット。

青山、表参道、吉祥寺、高円寺、代官山と、テレビでよく耳にするようなおしゃれで洗練されたまちには、目を凝らしてみると愛好家たちにはたまらないサブカルチャーの聖地やレトロな町並みが見え隠れしています。

まとめ

東京中心部の各エリア紹介と定番観光スポットについてご紹介しました。

東京はどこか具体的な目的地を持って向かうのも良いですが、おおまかにエリアだけを決めておいて気の向くままに街歩きをしても楽しい場所です。
江戸情緒と日本の最先端が交差する東京へ、ぜひ旅行してみてください。

アンケート実施中です

【宿泊事業関係者様限定!】

現在、ホテル・旅館の集客についてのアンケートを実施中です!
〈先着30名様〉にAmazonギフトカード1,000円分をプレゼント!
是非アンケートに答えてAmazonギフトカードをゲットしてください♫

アンケートはこちらから アンケートに回答する

関連記事

カテゴリー

アーカイブ